FC2ブログ
遊びや仕事でバンコクを中心にタイを訪問し始めて約10年。 ぶらぶらと歩き回るなかで見つけたタイのかけらの記録です。 遊び場や観光地はもちろん、日常生活の中でのネタも紹介していきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←この記事がお役に立てたら、ポチッとお願いします
ふりだしに戻る
2011年07月03日 (日) | 編集 |
1年間ほったらかしにしていた当ブログですが、ほぼ1年目の今日、
タイにとって大きな大きな動きがありましたので、記事を書きます。

といってもブログの使い方さえ忘れていて、そもそもログインPW
すら、すぐに思い出せませんでした。

さて本日、タイで下院選挙が行われました
これは以前のクーデターで暫定政権として発足したアピシット政権
が当初から約束していた出直し選挙です。

タクシン派はタクシン氏の妹のインラック女史を御旗に掲げ選挙戦
を戦い、先ほど選挙速報でタクシン派政党の圧勝
伝えられました。
それを受けてアピシット首相が敗戦のスピーチをしたところです。

で、タイトルどおり・・・ 
「ふりだしに戻る」

そう、このブログを書き出した頃の状況に逆戻りしてしまいました。

前回はここから、反タクシン派(PAD黄シャツ隊)のデモ活動、
空港占拠、クーデター、アピシット政権樹立、タクシン派(UDD
赤シャツ隊)のデモ、武力排除による死者多数、放火による火災、
という経緯をたどったわけですよね。

今度はどうなるのでしょう・・・
ウワサでは、さすがに軍も何度も同じことは出来ず、またタクシン
派の力も認めざるを得ず、双方裏取引しているとの話も流れて
いるようですが・・・

それにしてもこのインラック女史、タクシン家が持つ企業の社長を
されていたようですが、政治経験皆無です。
アピシット首相が仕掛けた討論会にも応じず、インタビューでも
政策的な話はほとんどしないようです。
結局はタクシン氏の操り人形なんでしょうね。

はたしてタクシン氏の帰国はあるのでしょうか?
一応、タイの法廷では有罪判決を受けており、犯罪者なんですが・・?

そうなったらまたクーデターなのかなぁ・・・


←これからもブログ書けってかたはポチっとね
スポンサーサイト
←この記事がお役に立てたら、ポチッとお願いします
まだ・・・でした
2010年07月29日 (木) | 編集 |
前の記事で「まだ危険なの?すっかり日常に戻っているのでは?」
なんて書いた矢先の25日に、バンコクにて爆弾による死傷者
が出てしまいました。

しかも場所はこの前のUDD赤シャツ隊が集会で占拠し、軍との
衝突を招いたラチャプラソンの伊勢丹向かい側のバス停です。

この爆弾の破裂により死者1名、負傷者が10名ほど出てしまい
ました。

折りしもこの日はバンコクで下院の補選があったので、たぶんに
政治的なニオイがしますが・・・
ちなみにこの選挙では与党候補が当選しました。

今回の事件で非常事態令の撤回もまた遠のいた気がします。
残念ながら、真の平和もまた遠のきました・・・。


←タイ人がんばれ~ってかたはポチっとね
←この記事がお役に立てたら、ポチッとお願いします
もう? まだ?
2010年07月23日 (金) | 編集 |
あれから2ヶ月が経ち、タイではすっかり動乱以前と同じ日常に
戻っています。
放火されたビルの焼け跡さえなければ、あんな事件がウソのよう
に思えます。
あれから一部の地方で爆弾騒ぎなどが引き続き起こっていました
が、それも徐々に減り今ではすっかり落ち着いたように見えます。

でも、タイ国内のバンコクを始めとする16の県には、いまだに
非常事態宣言が発令され
ています。
つい先日も30日間の延長が決定したところです。

まだ安全じゃないの???

熱しやすく冷めやすいタイ人のこと、世間ではかなり忘却モード
に入っている気がするのですが・・・


←タイ人がんばれ~ってかたはポチっとね
←この記事がお役に立てたら、ポチッとお願いします
平穏な日々・・・
2010年06月17日 (木) | 編集 |
すっかり更新をサボってしまいました。
有事にしか更新しないということで、「有事更新」ブログって
呼ばれても仕方ないですね。
「ごめんね、ごめんねぇ~」
って、そりゃ「U字工事」やがなぁ~
スミマセン・・・

さて、5月19日、20日のUDDと政府・軍部との衝突により、
見るも無残な姿になってしまったバンコクですが、既に22日には
赤シャツ軍団が撤退した後のラチャプラソン交差点~サイアム付近
を中心に、4000人を越えるボランティアが集結し、市の清掃員
と協力してすっかり汚くなってしまった町並みを清掃してまわり
ました。

その多くはネットや口コミで集まった市民で、こういう行動が
生まれる社会というのは気持ちが良いものです。
まぁなかにはどこそこの大企業の社長とか、清掃しているところが
いっぱいメディアに露出して、ちょっと??という気もしましたが、
多くは若者で、実に楽しそうに作業をしていました。

まぁ、そこはタイ人だけあって、作業をすることが目的になり、
結果としての清掃度合いはほほえましいものでしたが・・・。

残念ながら焼け落ちたビルは復興に時間がかかりそうです。
特にバンコクのランドマーク的立場であったセントラルワールドは
1年以上復旧にかかるようです。

とはいえ、建物は時間とお金で復旧できます。
問題は、これだけタイを2分してしまった今回の事件。
タイ人の心の復旧は容易ではないと思われます。


←タイ人がんばれ~ってかたはポチっとね
←この記事がお役に立てたら、ポチッとお願いします
アピシット首相が終結宣言。でも前途多難ですね。
2010年05月21日 (金) | 編集 |
強制排除によるUDDのデモ集会解散から2日を経て、本日午後、
アピシット首相がテレビ演説にてUDDのデモに対する鎮圧
完了を発表し、一連の騒動の終結を宣言
しました。

本日は目立った衝突も抵抗もなく、新たな放火もなかったようで、
なんとか落ち着きを取り戻しつつあるようです。
とはいってもまだ夜間の外出禁止令は発令中ですし、放火された
30以上に及ぶ施設は無残な姿のまま
放置されています。

昨日炎上したセントラルワールドでは焼け跡から10名の遺体
出てきたそうです。携帯売り場から出てきた人は盗みに入って
逃げ遅れたのではないかと。自業自得でしょうか・・
またUDDが逃げ込み寺としていた近くのお寺の境内からも9名
の遺体
が見つかっており、警察が調査しているようです。

セントラルワールドの火事前の姿
ctw1
ちょうどこの写真奥の辺りが焼け落ちています。

クリスマスにはこんなに綺麗だったのに・・・
ctw2

今はこんな姿に・・・
ctw3

これで死者も70名を越え、負傷者も500名近い数になって
いるようですが、今後もまだ死者の数は増えそうですね。

それでも明日からは地下鉄も運行を再開するとのことですし、
外出禁止令も解除されることから、街も次第に通常に戻って
いくのでしょう。

アピシット首相は終結宣言とともに、先に示したロードマップを
実行に移す
とも発言しています。
とはいえ、今後もタクシン派との確執は続くでしょうし、今回の
騒乱での経済的損失を考えると、アピシット首相の今後はやはり
前途多難と言わざるを得ないですね。

P.S.
今回、セントラルワールドの約1/3が焼け崩れましたが、隣接
する伊勢丹は火災を免れています。
(とはいっても煙や熱でそれなりに痛んではいるようですが)
伊勢丹の前には有名なトリムルティという神様の祠があり、信心
深いタイ人の間では「神様が伊勢丹を火災から守って下さった
と語られているとか。
もっとも、この神様の祠は以前は今回焼け落ちたセントラル・
ワールド側の角にあったのですが・・・




←もう、うんざりだよってかたはポチっとね
←この記事がお役に立てたら、ポチッとお願いします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。